実は悲しい櫛売り娘の歌

ふとももたくましいモッデーン(มดแดง)の「櫛売り娘」สาวขายหวี [saao khaai wii]


歌の内容は、田舎から出てきて、雇われ仕事では芽が出ないから、一大決心して、アヌサワリーでクシを売ることにしたわというもの。

実はこの歌、裏の意味があり、クシ(หวี)[wii] と声調が同じの、非常に特殊な、ここには書けない、例の単語が秘匿されています。

売り物は実はクシではなく、アレだったということで、タイ人にはすぐピンとくるようです。

映像でも、「ウイーウイーウイーウイーウイー」のときの腰の振り付けがそれをものがたっています。頭のクシとはなんの関連性もない動きです。

それがわかってこの曲を聞くと、どこか物悲しい声で訴えるような、この歌の真の意味が理解できることでしょう。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ